動態管理とはどんなことか初耳の人でもわかりやすい解説

一般的な企業や会社の外回り営業や、配送業、タクシーなどといった業種の業務では、沢山の車を常に使用する必要があります。業務を行う範囲が広くなったり、取り扱う物品などが多量になるほど、より多くの車を使用しなければなりませんし、それに乗車するドライバーも同様に配置しなければなりません。一日の業務が終了したあと、どの車、あるいはドライバーがどういったルートを移動し、どれだけの成果や業績を上げたかということは経営者であれば常に把握しておかなければなりませんが、こうした動態管理をいかに効率的に行うかということは、業務をスムーズかつロスが少ない物にするために非常に重要なことになります。しかし、配備している車両やドライバーの数が多くなると、こうした動態管理を行なうのは非常に煩雑になります。そこで、動態管理をスムーズに行なうためのシステムを導入するのがおすすめです。

動態管理システムのメリットとデメリット

動態管理をスムーズに行なうためには、まず業務に使用している車両の動きやデータを一元的に管理するということが重要になります。手書きの日報などでは、どうしても正確さに欠けますし、それを改めてデータベース化して管理するのは二重の手間がかかってしまいます。また、動態管理を管理者や経営者が一元的に管理していないと、各車両間の情報の共有もスムーズに行なうことが出来ません。そこで、動態管理を効率化するシステムを各車両に導入するというのが常用の改善するのに非常に有効です。GPSによって車両の位置情報をリアルタイムで把握することができ、日報の製作も一括で操作できるのが利点ですが、各車両にGPS端末を取り付ける必要があるため、どうしてもコストがかかりますし、車両の買い替えや、ドライバーの変更などへの対応が迅速に行えないという問題もあります。

携帯電話による動態管理システムの利用

GPSを利用した動態管理のシステムの中で、近年注目を集めているのが携帯電話やスマートフォンのGPS機能を利用した動態管理システムです。携帯電話さえあれば利用することが可能ですので、わざわざ新しい端末を車両分揃えなくても、アプリを導入するだけですぐに稼働させることが出来るのが大きな利点です。また、各ドライバーが所有する携帯電話を利用するため、ドライバーが変更になったり、違う車両を使用するという場合でも設定の変更などを行なう必要が無いのが特徴です。また、導入コストも比較的割安なため、大量の車両やドライバーを抱えている様な規模の企業であっても、初期費用を大幅に削減することが可能です。業務中もリアルタイムで車両の動きを把握できるので、業務の変更や追加、あるいはキャンセルといった状況にもスムーズに対応できるのも便利な点です。