分かりやすく丁寧な動態管理の解説

運送業やタクシー、路線バスなど車両を利用する業務においては、その企業は担当者が現在いる位置や、業務状況などを逐一把握する必要があります。その理由は、交通事故に遭う可能性があること、また個人で業務を行うこととなるため、時間に制限がない場合には担当者がきちんと業務を遂行しているかを把握できないためです。こうした理由から、各車両の位置関係や状態、また工事現場などで業務を行う担当者などの遂行状況などを把握するしなければなりません。こうした社外で業務を行う社員の状況を把握する業務を「動態管理」と言います。車両を利用した業種でないとあまりピンとこない方もいることでしょう。そこで今回は、この動態管理について、分かりやすいよう詳しく解説していきます。

誰でも分かる動態管理の詳しい解説

動態管理とは、車両や社外の現場で業務を行っている担当者などの現在いる位置や、行っている業務内容や遂行状態などを、詳しく記録しまたそのデータを管理するのが主な役割となります。輸送関係の業種では、常に移動しているためその情報がリアルタイムで確認できなければなりません。そこで、現在ではスマートフォンのGPS機能を利用した動態管理システムが登場しています。あるシステムでは、スマートフォンのGPSを追跡することで、現在の位置情報をリアルタイムで把握することができます。その速度は、10秒間隔という業界ではナンバー1のスピードを誇っています。車両管理に特化したシステムならば、位置情報のリアルタイム取得のみならず、毎日の業務である日報の自動作成、メッセージ送信、最短ルートの自動作成など、豊富な機能が搭載されています。このシステムはクラウド型なので、低コストであることも大きな魅力です。

渋滞予測ができ正確な到着時間を提供

カーナビサービスが提供している動態管理システムでは、VICS(渋滞や交通規制カーナビに届けるシステム)や、プローブ交通情報(実際に車が奏功した位置・速度などの情報から生成された道路交通情報)に基づいて渋滞予測をし、それを提供してくれます。この2つのシステムから解析した情報は非常に精度が高いため、正確な到着予想時間を割り出すことができます。また、カーナビサービスの持つ技術も同時に駆使しているため、効率が良くスピーディーに渋滞予測を提供してくれるというメリットを持っています。輸送業は交通状況によって、その業務にも大きな影響を及ぼすため、動態管理とデータ収集を一元化することで効率の良い業務が行えます。また、荷主や提携業者とのシステムの共有を行うことで、更にあらゆる分野でコスト削減が可能となっています。