丁寧な解説で分かりやすい動態管理

沢山の車両やドライバーを抱えている配送業やタクシー、バス運行会社などでは、各車両やドライバーが行なう業務の管理をいかに簡潔かつスムーズに行なうかということが大きな問題となります。こうした管理は動態管理と呼ばれ、前述した業種だけの問題ではなく、所謂外回りと呼ばれる営業を行う営業マンを抱えている様々な企業においても重要な事となります。
こうした動態管理を各ドライバーの日報や予定表の作成など、アナログな方法で管理を行っている企業も多くありますが、このようなアナログかつ人力に頼った管理体制になると、どうしても正確性に欠けますし、実際の現場の状況と管理上の実績との間にズレが生じるという事もあります。このズレを修正するのもそれなりに手間がかかりますし、何と言っても余計な作業となってしまいます。また、ズレをそのままにしておいたのでは管理を行っている意味がありません。

人力に頼らない動態管理の方法とは

ロスやミスが多い人力での動態管理は、状況の変化に即座に対応できないという問題も孕んでいます。業務中に急な予定の変更が入ったり、緊急性を要する事態が発生した時に、各ドライバーや車両への連絡がスムーズに行かなかったり、あるいは情報が錯綜してしまい、結果的に大きなミスを招いてしまうという事もあります。そうなると顧客に迷惑をかけてしまうだけでなく、会社の信用問題にも発展してしまいます。そこで、各車両にGPS端末を取り付けて、管理者が一元的に管理を行う動態管理システムを導入するというのも良い方法です。車両やドライバーの数が多くなると、管理に要する手間や人員も大きくなり、本来の業務に支障をきたしてしまうという事もあります。しかし、動態管理システムを導入しておけば、大量の車両やドライバーを抱えている状況であっても正確な動態管理が可能となります。

動態管理システムの導入コストを低減するには

GPSを利用した動態管理システムは、業務をスムーズに行い、時間的なロスや人為的なミスを防ぐという点で非常に有効です。
しかし、システムを導入するためにはGPS端末を所有する車両の台数分用意しなくてはなりませんし、各車両への取り付け工賃も発生します。こうしたコストを抑え、動態管理システムを素早く導入するのであれば、スマートフォンと連携したシステムを利用するという選択肢もあります。スマートフォンであれば、会社から貸与している物や、個人が所有している物をそのままシステムに利用する事ができますし、車両への端末の取り付けといった手間がかかることもありません。従来のGPS端末では、山間部などでは電波が入りにくく、エリアによっては使用できないという問題がありましたが、スマートフォンでは携帯電話の通信網を利用するので、地域によって使用できなくなるという事も殆どありません。